イタリア生まれの平焼きパン

【伊原靖友シェフレシピ】
手混ぜフォカッチャ

イタリア生まれの平焼きパン

【伊原靖友シェフレシピ】
手混ぜフォカッチャ

その名の通り手で混ぜ合わせて作るフォカッチャです。ミキサーを使用するよりも歯切れが良くさっくりとした生地に仕上がります。オリーブオイルに粉末油脂マジカルソフトDXを加えることで老化を防止し、パサつきを気にせず美味しく食べられます。オリーブオイルの香りと塩気がお酒にもよく合います。

ミヨシのポイント

フォカッチャはパサつきが気になりがちですが、オリーブオイルに粉末油脂マジカルソフトDXを加えるという解決法を伊原シェフが編み出してくださいました。

シェフのポイント

トッピング次第でバラエティ化しやすいです。半分はプレーン生地で、残りの半分は具材を入れてもいいですね。ドライトマトとオリーブ、ほうれん草とチーズ、セロリとカマンベールチーズなど。甘いのから惣菜系まで作れます。大きな型で焼いてカットするので、成型の手間が少なくなります。

伊原靖友シェフ

油脂利用のポイント

生地

  • <材料・配合>

    生地配合(%)

    強力粉
    100
    食塩
    2
    砂糖
    6
    マジカルソフトDX
    3
    オリーブオイル
    5
    生イースト
    4
    80
    ※マジカルソフトDXとオリーブオイルはあらかじめ混ぜておく
  • <作り方>

    1.混捏 さっくり混ぜる程度

    2.捏上温度 28℃(生地温度)

    3.発酵時間 60分 パンチ 40分 パンチ 30分
    パンチの時に油脂を表面に塗り、外側から中心に生地をたたむ(油脂は2回に分けて入れる)

    4.四角にたたんで型に入れ10分休め、その後型の大きさにのばす

    型がない場合は、天板に広げる方法でOKです

    5.ホイロ 38℃ 30分

    6.ホイロ後 表面に混ぜておいたマジカルソフトDXとオリーブ油を塗り、指で全面にピケする
    2%濃度の塩水を全体にふり、スライスしたじゃがいもをのせる

    この塩水が風味付けになるので、ピケをした穴にもしっかり入るようにふってください

    7.焼成 200℃ 35分