動物性原料を使用しない十六穀ロール

十六穀ロール(プラントベース対応)

動物性原料を使用しない十六穀ロール

十六穀ロール(プラントベース対応)

動物原料を使用しない十六穀ロールです。プラントベース対応の植物のおいしさ バター風味は、バターに含まれる香りや呈味を徹底的に分析し、濃厚な口当たりを表現しており、おいしい雑穀パンに仕上げます。

ミヨシのポイント

プラントベース対応の配合にするため、脱脂粉乳を使用していません。そのため生地が酸性に傾き、いつものパンに比べて、発酵の進みが早くなる傾向があるようです。
実際に、いつもの時間でホイロを取り、パンを取り出すとやや発酵が進んでいて、クープを入れたところ、ガスが抜けて、ややしぼんでしまいました。
発酵の進み具合を見てみてください。

油脂利用のポイント

  • 植物のおいしさ バター風味

    和の健康素材である糀甘酒などを配合し、濃厚な口あたりを表現しています。植物性食品でよく使用される豆乳などの 大豆製品の青臭さをマスキングすることができます。
    ヴィーガン食やプラントベースの食事を取り入れているお客様のための商品を作ることができます。


  • botanovaは植物性原料のみを使って“動物性油脂の特長を活かしたおいしさ”を創りだすミヨシ油脂の製品ブランドです。
    「動物性油脂のおいしさを、プラントベースで創りだす。」をコンセプトとし、“食のおいしさ”と“持続可能な社会”を 両立させるソリューション・ブランドです。

生地

  • <材料・配合>

    生地配合(%)

    強力粉
    70
    米粉
    30
    きび糖
    12
    食塩
    1.6
    植物のおいしさ バター風味
    7
    パールインショートニング
    3
    イースト
    3
    イーストフード
    0.1
    61
    十六穀フィリング
    20
  • <作り方>

    1.ミキシング L3分 ML4分↓  L2分 ML5分(十六穀)L1分

    2.捏上温度 26℃

    3.発酵時間 27℃ 75% 50分

    4.分割重量 30g

    5.ベンチタイム 20分

    6.成型 丸め直し

    7.ホイロ 38℃ 80% 50分

    8.ホイロ後 クープを入れ、植物のおいしさ バター風味(1g)を絞る

    9.焼成 200℃ 9分