マーガリンってどんなものですか?

マーガリンってどんなものですか?

マーガリンってバターとどう違うんですか?
バターにはない特徴は何ですか?

課題解決関連ページ

  • アトラクト

    バター20%含有のマーガリン

    バター分を20%含有し、乳素材をバランスよく配合しており、バターの風味や自然な乳風味をパンや菓子に付与できます。
    また、マーガリンの中に、乳脂肪入りの粉末油脂が配合されており、焼成後もコクと風味が残ります。

  • 植物のおいしさ バター風味

    プラントベースのマーガリン

    和の健康素材である糀甘酒などを配合し、濃厚な口あたりを表現しています。花や果実などの植物由来成分のみ使用した香料で自然な風味となっています。植物性食品でよく使用される豆乳などの大豆製品の青臭さをマスキングすることができます。

バターの原料は牛乳です。マーガリンの原料は植物性、動物性の油脂です。バターは、乳脂肪由来の濃厚なコクがあります。マーガリンは油脂80%以上、水分17%以下で油脂の風味を重視したもの、乳製品などを配合して素材の風味を重視したものなど、好みに応じて種類は多種あります。

バターは低温でかたく、室温でやわらかくなりますが、マーガリンはかたさの違う油脂を組み合わせることで、幅広い温度帯で扱いやすいかたさになります。バターに比べマーガリンは作業性を向上させます。


ベーカリーが抱える様々なお悩みも、マーガリンなら、素材をプラスすることで解決できます。

マーガリンは、その配合の中にベーカリーに役に立つ素材をプラスし、ボリュームアップや、ソフトさの向上、パサつきの防止などのさまざまな効果をパンにもたらすことができます。

ぜひベーカリーの「おいしいパン作り」にマーガリンをお役立てください。