SNSなどでの情報発信

ご相談内容の種類
ご相談内容

Instagramの投稿をしています。
SNSやホームページ、メールマガジンなどお店からお客様への情報発信で、何か工夫していることはありますか。

回答
  • 伊原靖友シェフ

    パン焼き小屋Zopf 伊原靖友シェフ

    Instagramを使っています。
    見栄を張らない、真実を伝える、現場の空気感が出せるように努める、「お客様の知りたい情報は何か?」をよく考える。このようなことを大切にしています。

  • 井上克哉シェフ

    ブーランジュリー・オーヴェルニュ 井上克哉シェフ

    Instagramだけやっています。
    従業員が順番に、1週間に2回更新しています。「いいね!」の反応が参考になりますし、他のお店ともつながるので、やっている意味はあると思っています。

  • 割田健一シェフ

    ビーバーブレッド 割田健一シェフ

    情報を発信するのは極力1か所からがよいと思っています。お店の情報を1か所にまとめれば、お客様に「インスタを見てください」と言える。このかたちなら、お客様にも従業員にも分かりやすいと思います。
    うちではInstagramとFacebookを活用しています。お客様は、どちらかは使っているだろうし、特にInstagramは多くの人は、今は「とりあえず見る」習慣がついているツールだと思うので、それでお店の情報を見るのが一番楽かなと考えて選びました。ホームページも作らず、これだけでいいかなと。今は発信も調べものもInstagramでやりますもんね。
    すべてに言えることですが、“いつも来てくださるお客様の目線”を大切にしています。お客様にとって一番いいツールに、いつもお店に来てくれるお客様のために情報を出す、そんな意識でいます。自分は洋服を買ったりするのがとても好きなので、そこから学んでいるところもあります。
    Instagramは基本的に1人のスタッフに担当させています。発信する写真や文章のテイストなど色々と考えてやってくれています。以前、僕が勝手にあげたらテイストが違うと言われてしまいました(笑)。

  • 西山重明シェフ

    森のベーカリー&カフェ(旧:パン工房マローネ) 西山重明シェフ

    当店ではFacebook、Instagramを活用しております。
    その他大きなイベントを行う際には近隣に折込チラシを配布したり、幼稚園や近隣の施設、県庁、役場などに投げ込みを行ったりもします。
    定期的に地元のラジオ番組にも出演して、季節のおすすめ商品をPRしております。
    地域柄、農村地帯で、またお客様もシニア層も多いため、昔ながらのPR活動が主体になっており随時、会員様へのデジタル化した情報発信に切り替えを進めております。