ブログBlog

2021.08.02

ピスタチオ素材みてきました「CAFERES JAPAN2021」より

6月9~11日に開催されていた CAFERES JAPAN2021 の会場内に出展していたルーツ貿易株式会社様の「ピスタチオ素材」をみてきました。

 

 

■MIYOSHI no KIMOCHI事務局スタッフは「ピスタチオ」に注目しています■

 

 

ピスタチオはオレイン酸、リノール酸の不飽和脂肪酸が豊富に含むなど栄養価も高く、そしてなんといっても鮮やかな緑色が美しいですよね。

現在では、クッキーにガレット、キャラメル、プリンやジェラート、塗るスプレッドまで!

ピスタチオを使ったアイテムが次々と出ており、つい魅了されます。

 

そんな、注目のピスタチオですが、ベーカリーにぴったりの素材を見つけました。

 

私たちMIYOSHI no KIMOCHI事務局が、会場内を歩き、ベーカリーで使いやすいピスタチオとして、色がきれいなこと、様々な形態があることなどを条件に探していると、株式会社ウィル様よりルーツ貿易株式会社様のピスタチオ素材を紹介されました。

 

 

ブースではピスタチオを使用した色鮮やかなフィナンシェやジェラートの紹介もありました。

 

事務局スタッフが注目したのは、その原料となっていたピスタチオ素材の形態の多さです。

ホールはもちろん、分割、プードル(粉状)、ペースト(加糖・無糖)、マジパンとバラエティーも豊富に揃っておりました。
そして、なにより色がとてもきれいです!

 

出典:株式会社ウィル様ブース(ルーツ貿易株式会社の「ピスタチオ」)

 

こちらのピスタチオは、イタリア・シチリア産のピスタチオを使用し、その色の美しさから『緑の宝石』と呼ばれているそうです。

 

「これだけたくさんサイズや形など種類が豊富にあれば、パンにトッピングするだけでなく、生地に練り込んだり、フィリングに加えたりと、ベーカリーの皆さまのパン作りへの創作意欲を刺激するはず!」と、胸を熱くした事務局スタッフでした。

 

 

ベーカリーの皆さまの、店舗運営のお役に立つ情報になりましたら嬉しいです。

※「ピスタチオ」にご興味の方は、株式会社ウィルへ直接お問い合わせ、もしくはMIYOSHI no KIMOCHIにお問い合わせください。

 

 

 

そして、同会場内のミヨシ油脂のブースでは、botanovaより下記2品をご紹介しました。

 

植物のおいしさ バター風味」は、実際にショートブレッドの試食品をご用意しました。「植物のおいしさ バター風味」は植物性食品でよく使用される豆乳などの 大豆製品の青臭さをマスキングすることができ、スプレッドでも練り込みでも使いやすい硬さで、作業性が良好です。

 

植物のおしいさ ラード風味」は、香りを実感できるサンプルをご用意しました。「植物のおいしさ ラード風味」は、野菜や米麴発酵物など様々な素材の風味を移した香味油を配合し、深いコクやうまみを表現しており、植物性食品でよく使用される大豆製品の青臭さをマスキングすることができます。

 

サンプルお申し込みは、こちらより「植物のおいしさ バター風味」「植物のおいしさ ラード風味」

 

連日多くのお客様にお越しいただき、「プラントベース」に対する食品業界における関心の高さを実感しております。

 

お越しいただきました皆様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

(弊社ブース担当者)

※検温、フェイスガードの着用、手洗い・消毒等、新型コロナウイルス対策を徹底しておこなっています。