AIベーカリーみてきました「 CAFERES JAPAN2021」より

6月9~11日に開催されていた CAFERES JAPAN2021 の会場内に出展していた株式会社スペース様のAIベーカリーをみてきました。

 

 

AIベーカリーは、事前にパンの情報を機械に学習させておき、会計時にトレー上のパンをカメラで撮影することで、瞬時に商品名と値段をレジの画面に表示することができるシステムと説明をしてもらいました。

 

AIベーカリー

「おいしい」をシステムでもっとはやく、がキーワード!

スタッフがお金に手を触れずに、お会計が完了します。

レジのスピードに困っていませんか? お会計に、パンの袋詰めに、お客さまをお待たせしていませんか?

AIベーカリーなら4ステップで決済まで完了します。

 

1.お客さまがパンを乗せたトレーをおく

2.商品を撮影し、金額確認(パンが袋に入っていても大丈夫!)

3.商品・金額を確認(スタッフ側・お客さま側の両方で画像で確認できます)

4.お客さまが決済(現金はもちろん、クレジットカードや電子マネーも対応しています)

 

出典:株式会社スペース(AIベーカリーパンフレット)

 

 

■MIYOSHI no KIMOCHI事務局スタッフも操作させてもらいました■

 

まず、トレーにパン(見本)を乗せ、撮影台(カメラの下)におきます。

 

トコトコと、レジ側にまわり(レジ担当スタッフになった気持ちで)撮影ボタンをポチッ!
(タッチパネルのため音はしませんよ。)

 

トコトコと、お客さま側に戻り、購入予定のパンと金額を確認し、決済します。

 

あっという間です!

支払いは、現金でもクレジットカードでも、電子マネーでもOKとのこと。

スタッフは、お客さまが決済されているときに袋詰めをすれば、時間の有効活用ができますね。

 

 

こんな便利な「AIベーカリー」にはパン撮影のカメラがついています。高さは150cmで少し高さはありますが、小柄なスタッフでも問題ない高さです。

 

 

■MIYOSHI no KIMOCHI事務局スタッフが「これは良い!」と思ったポイントは4つ■

 

① 人手不足で悩んでおられるベーカリーの効率化が図れること

② 専用トレーの必要がないので、導入はこのマシンのみで良いこと(※柄入りトレーはダメとのことです)

③ お客さまがお会計をなさるので、スタッフがお金に触ることがなく衛生的であること

④ IT導入補助金の対象機器なので、申請すれば補助金がもらえること(初期導入費のハードルが下がります)

 

ベーカリーの皆さまの、店舗運営のお役に立つ情報になりましたら嬉しいです。

※「AIベーカリー」にご興味の方は、株式会社スペースへ直接お問い合わせ、もしくはMIYOSHI no KIMOCHIにお問い合わせください。

 

 

 

そして、同会場内のミヨシ油脂のブースでは、botanovaより下記2品をご紹介しました。

 

植物のおいしさ バター風味」は、実際にショートブレッドの試食品をご用意しました。こちらの製品は、植物性食品でよく使用される豆乳などの 大豆製品の青臭さをマスキングすることができ、スプレッドでも練り込みでも使いやすい硬さで、作業性が良好です。

 

植物のおしいさ ラード風味」は、香りを実感できるサンプルをご用意しました。こちらの製品には、野菜や米麴発酵物など様々な素材の風味を移した香味油を配合し、深いコクやうまみを表現しており、植物性食品でよく使用される大豆製品の青臭さをマスキングすることができます。

 

サンプルお申し込みは、こちらより「植物のおいしさ バター風味」「植物のおいしさ ラード風味」

 

連日多くのお客様にお越しいただき、「プラントベース」に対する食品業界における関心の高さを実感しております。

 

お越しいただきました皆様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

(弊社ブース担当者)

※検温、フェイスガードの着用、手洗い・消毒等、新型コロナウイルス対策を徹底しておこなっています。